幸せな未来をつくる!マーケティングのヒント。

お客様はもちろん、企業も社会も未来も幸せになるマーケティングのヒントをお届けしてまいります。

早く届かなくてもいいので、送料無料がうれしい。

ニールセン デジタル株式会社は、オンラインショッピングサイトの利用状況を分析し、結果を発表しました。

調査結果では、2017年6月時点で、インターネット利用者全体のうち83%の人がオンラインショッピングサイトで消費財や耐久財を購入したことがあることが判明。ネット通販が広く浸透していることが明らかになっています。商品カテゴリーごとでは、消費財をオンラインで購入したことがある人が73%であるのに対し、耐久財は80%と、その割合が高くなっています。また、オンラインで購入する頻度では、1か月に1回以上購入する人が60%を占めています。

f:id:happymk:20170721223902j:image 

次に、オンラインで購入する頻度と実店舗で購入する頻度を比較すると、消費財は実店舗で購入する頻度が高い人が55%と半数を超えています。一方で、耐久財はオンラインで購入する頻度が高い人が46%と、実店舗で購入する頻度が高い人(36%)よりも多いことがわかります。

 f:id:happymk:20170721223929j:image

オンラインで定期的に購入している理由としては、消費財でも耐久財でも、「実店舗よりも安く購入できるから」という人が最も多くなっており。2位以下ではカテゴリーにより違いがみられ、消費財では「重い物やかさばるものを持って帰らなくて良いから」、耐久財では「実店舗よりも品揃えが良いから」という理由が上位に挙がっています。

 f:id:happymk:20170721223959j:image

配送方法に関して重視していることは、「一定金額以上購入すると、送料が無料になる」と「早く届かなくても良いので、送料が無料になる」で、ともに一定条件化で“無料”になることが72%の人に求められていることが明らかになりました。次いで、「同じタイミングで購入した複数の商品をまとめて配送してくれる」を重視している人が52%と半数以上に上っています。

 f:id:happymk:20170721224019j:image

このところ話題になっている配送問題ですが、生活者は早く届くことよりも送料無料であることを重視していることがわかります。また、まとめて届くことや配送状況が細かくわかるなど、受け取りやすさを求めており、受け取るために自宅で待機しなければいけない時間を減らしたいと感じている生活者が多いことが想像できます。

 

商品のお届けに関しては、即日配達や翌日配達等スピードを競う風潮が続いていますが、利用者はそれほど重視していないことがわかります。それよりも、受取り時の時間のムダを省けるきめ細かなサービスを求めており、忙しい現代女性の時短ニーズが反映された調査結果といえます。