女性を笑顔にする!マーケティングのヒント。

消費の8割を女性が主導権を握っていると言われる今、女性客を笑顔にするためのヒントや女性マーケティングに役立つ情報をお届けしてまいります。

阪急うめだ本店がサブカル好き女子にむけた、「天体観測展」や「理科系雑貨研究所2017」「もしマリーアンワネットが眠れる森でアリスとネコに出会ったら?」を開催。

このところ歴女、鉄女、カメラ女子など、女性にしては珍しいとされていた趣味が、ゲームやタレントの影響やインスタグラムの台頭により、市民権を得てきています。阪急うめだ本店10階の『うめだスーク』では、6月21日(水)から、今注目の○○女子にスポットを当て、こだわりの雑貨などをご紹介するイベントを実施。ニッチな女子の「○○好き」マーケットを開拓します。

 

「うめだスーク」は、2012年のリニューアル時に、「今までの百貨店にないフロアを」というミッションから構想が始まりました。改装前の旧催場でフェアを一緒に企画したクリエーティブ集団「graf」(北区)代表の服部滋樹さんに「作り手と買い手が出会う場を作りたい」と声を掛け、約2年の歳月をかけてフロアデザイン、ロゴ、ユニホームなどデザイン全般を企画。フロア面積は約800坪。フロア内には「北街区」「中央街区」「南街区」の3つの「街」を作り、散策気分で商品を探し、作家との交流を楽しめるフロアです。フロア名の「スーク」はアラビア語で「市場」という意味。マルシェ気分を楽しみたい女性たちでいつも賑わっており、今や阪急うめだ本店を代表する売場となっています。なお、今回実施するイベントの詳細は以下の通りです。

 

■“宙ガール”におすすめ!家の中で、ファッションで天体を楽しむ!
「天体観測展」 6月21日(水)~27日(火)
宇宙に興味がある女性“宙ガール”だけでなく、幅広い世代の男女に人気の天体。約145名の作家による星、宇宙の天体モチーフのハンドメイドの雑貨、オブジェ、ブロカント雑貨など昨年よりもパワーアップして紹介されます。

f:id:happymk:20170622153201j:image
■理系女子注目!見たこともない雑貨展。
「理科系雑貨研究所2017」6月28日(水)~7月4日(火)
鉱物結晶、分子模型、歯車、博物学の標本から、空想科学、神秘魔術の秘宝まで“理科系”モチーフの50名のハンドメイド、オリジナル雑貨の作家作品を集めて紹介されます。

f:id:happymk:20170622153213j:image 

■プリンセス気分でロリータファッションを楽しむ!
「もしマリーアンワネットが眠れる森でアリスとネコに出会ったら?」
6月28日(水)~7月4日(火) 中央街区パーク
南仏在住、世界で活躍するデザイナー袴着淳一によるプロジェクト「マリーアントワネットの娘達」が登場。世界からも注目されるロリータファッションをよりアートにモードに進化させ、日本の独特の新しいモードとして提案。「もしマリーアントワネットが不思議の国のアリスに出会ったら!」をコンセプトに、ファッションアイテムやスーククリエーターとのコラボ作品販売の他、フォトスポットでの撮影会も実施します。

f:id:happymk:20170622153226j:image
いわゆる「オタク女子」を狙ったこのイベント、マスではなくニッチ市場の開拓に挑戦する阪急うめだ店は、世界の百貨店のリーダー的存在といえます。私も早速ウォッチングしてきます。