女性を笑顔にする!マーケティングのヒント。

消費の8割を女性が主導権を握っていると言われる今、女性客を笑顔にするためのヒントや女性マーケティングに役立つ情報をお届けしてまいります。

枚方T-SITEは、マルシェ感覚で楽しめる女性やカップルに嬉しいライフスタイル提案型百貨店。

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(以下CCC)が、京阪電車枚方市」駅前に、2016年5月16日にオープンした「枚方T-SITE」に行ってきました。

f:id:happymk:20160612110929j:plain

CCCといえば「TSUTAYA」。実は蔦屋書店は今から33年前の1983年に枚方市で創業したんですね。
創業の地に感謝を込めて開業したという枚方T-SITEは、2011年にオープンした代官山、湘南に次ぐ3店舗目。その規模はTSUTAYA・蔦屋書店・T-SITE史上、過去最大で「上質な日常を届けるライフスタイルデパートメント」をコンセプトに、食、キッズ、美容など、三世代で楽しめる9フロア(B1Fは夏オープン予定)を展開しています。

TSUTAYAと蔦屋書店を中核として43の個性的なライフスタイルショップが大集合し、朝7時から深夜25時まで利用できる便利さ、1Fから5Fに設置した300席の椅子でコーヒー片手にゆったりと読書できるBOOK&CAFÉの快適さ、スマホで、簡単にレストラン予約ができてエンタメ情報も得られる楽しさを提供する画期的なデパートでした。

☛私が訪れたのは土曜日の午後。若い女性連れやカップルで店内は賑わっていました。コーヒーを片手にお気に入りの本を楽しむ風景はとても心豊かなライフスタイルを感じます。1階から8階まで宝探し感覚で顧客の発見する喜びをプロデュースする枚方T-SITE。特にマルシェ感覚でお気に入りの雑貨や本、化粧品から洋服まで探せる4階フロアは、女性客の好奇心を刺激してワクワクドキドキさせる編集になっていました。心豊かで幸せを感じさせる空間と時間の提供、そして好奇心を刺激する生活編集など、これからの女性客に選ばれるためのヒントが満載でした。


■1階は焼き立てパン屋さんやオープンなカフェなど、パリにいるような気分を味わえます。
1階にはパンケーキ店「gram」や自家製ワインが飲める「フジマル食堂」などが集結。東京で話題のアイスキャンディー「PALETAS」、京都の人気茶寮の「錦一 葉かふぇ」のスイーツなど、人気店の味を一度に楽しめます。「THE GROUNDS BAKER」では朝7時から焼きたてパンで食べることができ、まるでパリの街角にいるような気分にさせてくれます。

f:id:happymk:20160612111007j:plain

f:id:happymk:20160612111028j:plain

f:id:happymk:20160612111041j:plain

f:id:happymk:20160612111105j:plain

また食にまつわる本・雑誌、花屋やデジタルプリント、スターバックスのテイクアウト専門カウンターがある点も見逃せません。駅直結なので、出かける前、帰宅前にサッと立ち寄るのにも便利です。枚方に引っ越したいなーって思いました。

f:id:happymk:20160612111148j:plain


■2階は約200坪に所狭しとDVD・音楽・コミックがそろう「TSUTAYA」やレストランも。
TSUTAYA枚方駅前本店」が移転した2階は、映画、音楽、コミックの販売・レンタルを中心とした「エンタテインメント」のフロア。また枚方初の「Apple」フルサービスや自然食ビュッフェレストラン「農場ものがたりレストランモクモク」もあります。いm

専用アプリ「T-SITE Passport」をダウンロードすれば、スマホがTカードとして使えるようになり、Tマネーをチャージしてそのまま支払うことも可能で、店舗の在庫検索やレビュー・評価もすぐにチェックできるとのことです。また生演奏を楽しめる無料イベントやコミックレンタルが充実しているので、お金をかけずとも一日中豊かな時間を過ごせそうでうね。


■3階はコーヒーを片手に本を楽しめるBOOK & CAFÉ。

f:id:happymk:20160612111319j:plain

f:id:happymk:20160612111346j:plain


蔦屋書店といえばコーヒーを片手に本を楽しめるBOOK & CAFÉスタイルが有名ですね。ここ枚方T-SITEでも、本を通したライフスタイルを提案が充実。在庫数は枚方エリア最大ということでニッチなジャンルの本も充実しています。また本だけでなく関連グッズも併せて提案することで、蔦屋さんらしい売り場づくりを行っていました。その他ハイセンスな文具も揃っていてギフト選びにも役立つと思いました。

また。眼鏡専門店「KANEKO OPTICAL」や旅行代理店「T-TRAVEL」もあります。旅行ガイドブックを見てすぐに旅のプランニングの相談ができるのはいいですね。


■4階はマルシェ気分でお気に入りの本や雑貨を探せるフロア。
4階はマルシェ気分でお気に入りの本や雑貨を探せるフロアになっています。“暮らしの道具・日本の工芸”“リラックス・健康・美容”といったテーマ別に所狭しと雑貨が並び、見ているだけでワクワク。 「中川政七商店」」などの人気店もマルシェのひとつとして展開されていて、見ているだけで飽きることはありませんでした。

f:id:happymk:20160612111418j:plain

f:id:happymk:20160612111449j:plain

f:id:happymk:20160612111530j:plain

f:id:happymk:20160612111609j:plain

また、大阪・交野を拠点に、職人によるハンドメイドのバッグと小物を展開する「交野カバン」(カタノカバン)、日本最大級のコスメ・美容の総合サイト@cosmeがプロデュースするコスメのセレクトショップ「T-SITECOSMEproduced by@cosme(ティーサイト コスメプロデュースド バイ アットコスメ)」、枚方の駅前に68年前にオープンした老舗化粧品店「向井化粧品店(ムカイケショウヒンテン)」、日本一のバリスタが淹れるコーヒーを味わえる「OGAWACOFFEELiMiTEDCAFE(オガワコーヒー リミテッドカフェ)」、オーガニックコットンを中心とした、ナチュラルな素材にこだわったシンプルで上質な靴下を扱うショップ「yuino(ユイノ)」、素材や着心地、縫製にこだわった、大人の女性のためのウェアや小物がそろう「caelum(カエルム)」など個性的なお店が充実していて、他では体験できないショップ構成になっていました。


■5階は子どももママも、親子で遊べる「子どもと学び」のフロア。
5階はママとキッズが空間を共有しながら、それぞれの時間を過ごせる工夫がいっぱい。多くの絵本・児童書をそろえているほか、写真スタジオや子どもも大人も学べる英会話教室などもありました。また、ベビーカーを停める場所や優先エレベーター、ベビーカーの貸し出しなどの細やかなサービスも受けられ、ママにも子供にも嬉しいフロアとなっています。子どもは遊び場で遊び、ママはカフェでお茶タイム、という過ごし方も出来そうです。
5階はフロア全体が人工芝の床になっていて、子供は裸足でも気持ちのいい内装です。子供にせがまれて来店するママが増えていくのではないでしょうか。
その他にも靴屋さんや子供服も充実していて、ママにとって嬉しい空間になっていました。

f:id:happymk:20160612111627j:plain

f:id:happymk:20160612111652j:plain

f:id:happymk:20160612111710j:plain

f:id:happymk:20160612111725j:plain


■6階7階には三菱東京UFJ銀行りそな銀行が。
1階と3階には7時から25時まで営業しているATMがあしましたが、6階と7階には「三菱東京UFJ銀行」「りそな銀行」の支店もあります。出入金はもちろん、子育て、マイホームなど、ライフステージに沿ったお金の相談や、資産の活用に関するアドバイスも受けられるとのこと。銀行利用者のシャワー効果もあり、銀行利用ついでにコーヒー片手にお気に入りの本を楽しむ人も増えていきそうです。


■8階には絶景レストランが3店。
8階には和洋中の3店舗が軒を連ね、すべてが枚方の街を見渡せる眺望レストランになっています。店舗は、小龍包の名店「京鼎樓」、豆腐と湯葉の店である梅の花の新形態「TSUMUGI by 梅の花」、イタリアンのほかバーベキューもできる「MEAL TOGETHER ROOF TERRACE」。枚方の新ランドマークの最上階にふさわしい開放感あふれるレストランフロアです。すべてのレストランに個室が備わり、家族連れからビジネスまで幅広いシーンに使えるようになっているそうです。

f:id:happymk:20160612111741j:plain