女性を笑顔にする!マーケティングのヒント。

消費の8割を女性が主導権を握っていると言われる今、女性客を笑顔にするためのヒントや女性マーケティングに役立つ情報をお届けしてまいります。

「Instagram(インスタグラム)」アプリの利用者数が1,000万人を突破、1年間で500万人以上増加。

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の2016年4月データをもとに、スマートフォンアプリの利用状況を分析し5月31日に結果を発表しました。

2016年4月時点でスマートフォンの利用者数は5,496万人となり、1人あたり1日の平均利用時間は、2時間11分。スマートフォンの利用時間全体のうち、アプリからの利用とWEBブラウザからの利用の内訳をみると、アプリからの利用時間は全体の80%を占めていています。(図表1)。

f:id:happymk:20160606210402j:plain

 

アプリの利用者数TOP10をみると、利用者数1位は「LINE」で、4,305万人が利用。TOP10アプリの利用者数を昨年と比較すると「Yahoo! Japan」の増加率が最も高く42%増加。また、エンターテイメントアプリである「YouTube」や「Apple Music」、コミュニケーション/SNSアプリである「Twitter」や「LINE」も増加率が高くなっています。「LINE」や「Twitter」は、増加人数も多く、昨年と比べて500万人以上利用者数が増加。SNSアプリでは「Instagram」の増加率が高く、昨年から500万人利用者数が増え、初めて利用者数が1,000万人を突破しました。

f:id:happymk:20160606210427j:plain

 

利用者数が大きく増加している「Twitter」と「Instagram」に注目し、性年代別の利用者数を昨年と比較すると、「Twitter」は、35歳以上の増加率が高く、特に35-49歳女性と50歳以上の男性利用者が増加したことが、全体の利用者数増加に寄与。一方「Instagram」は、もともと利用者数の多かった34歳以下の女性に加えて、35~49歳女性の利用者も増加。また、Twitter同様、50歳以上の男性利用者も大きく増加していました。「Instagram」の利用者は、女性が661万人、男性が430万人。約6割が女性ユーザーで、特に若い女性に圧倒的に支持されているSNSということがわかります。(図表3)。

f:id:happymk:20160606210448j:plain

 

スマートフォンが生活に浸透するにつれ、生活者をとりまく情報やコミュニケーション環境は大きく変化しています。「LINE」や「Twitter」「Instagram」といった誰もが気軽に利用できるSNSが支持される中、お客様とのコミュニケーションのあり方も変化させていくことが大切です。