幸せな未来をつくる!マーケティングのヒント。

お客様はもちろん、企業も社会も未来も幸せになるマーケティングのヒントをお届けしてまいります。

ニトリの業績、5月度も堅調。接触冷感機能を持つ「Nクール」シリーズが牽引。

ニトリが6月1日に発表した5月度(4月21日~5月20日)の売上は、既存店売上高が前年比7.0%のプラス、全店では13.2%のプラスとなりました。期初からの累計では、既存店で前年比7.5%のプラス、全店では13.0%のプラスとなっています。

ゴールデンウィークの曜日並びが昨年に比べ良かったことや天候にも恵まれたことが好調の要因。ホームファッション商品では、春・夏向け商品として接触冷感機能を持つ「Nクール」シリーズが牽引し寝具類の売上が伸長したほか、オーダーカーテンやクッション、カラーボックス等の収納整理用品が好調に推移。家具では、自社開発商品のマットレス「Nスリープ」シリーズやベッドフレーム及びソファ「Nポケット」シリーズが順調に売上を伸ばしました。

☛4月の家計調査では、2人以上家族の1世帯当たり消費支出の中の「家具・家事用品」は前年に比べ5.7%のマイナスで、財布の紐は決して緩くないことがわかります。そんな環境の中でも快走を続けるニトリ。もはやぶっちぎりのリーダー的存在といえます。テレビCMや全国紙、チラシを利用した積極的な広告展開に加え、最近ではLINEを活用した集客策にも注力。好調の「Nクール 」シリーズも毎シーズン進化を重ね機能の充実に取組んでいます。決して華やかなイメージはありませんが、質実剛健、低価格で安心できる品質がたくさんのお客様から支持されている背景にあります。創業者似鳥会長の『 日本人にとっての本当の「住まいの豊かさ」を実現したい』という強い想いが、日本中の女性に届いているのだと思います。