女性客から愛される!ライフバリューマーケティング。

今や消費の8割以上の決定権を握ると言われる「女性生活者」から選ばれ、愛され続けるためのマーケティングのヒントをお届けしています。

女性に人気の企業やブランド

阪神百貨店梅田本店建て替えオープンにみる、これからの流通業のあり方

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 6月1日に、大阪梅田の阪神百貨店が進めていた建て替え工事の第一期棟が完成し待望のオープンとなりました。私は、6月3日の日曜日、新しくなった阪神百貨店梅田本店を訪れました。 ◆バブル…

北野エースが「カレーなる本棚」にかける思い。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 「モノ消費からコト消費へ。」という言葉は、このところ耳にタコができるくらいよく聞かれるようになりましたが、モノを陳列している店頭で、お客様が「ワクワクしながら商品を選ぶ。探す…

難民支援できる「六花亭」のチャリティーチョコレートが人気の理由

みなさんこんにちは、ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 1995年に発生した阪神・淡路大震災から今日で丸23年が経ちました。 亡くなられたたくさんの方に、心からご冥福をお祈りしたいと思います。 その後、2011年3月11日には東日本大震災、2016…

毎日夜9時から3時間限定販売のスイーツブランド「みみずく洋菓子店」とは?

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 洋菓子のモロゾフが運営するスイーツのオンラインショップでは、1月22日から毎日夜9時から12時までの3時間だけ限定販売する新しいスイーツブランド「みみずく洋菓子店」がオープンします…

うめだ阪急の「バレンタインチョコレート博覧会」ガイドブックは、マーチャンダイジングのバイブルだ。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 本年もどうぞよろしくお願いします。 さて、百貨店各社では早くもバレンタイン商戦がスタートしています。高島屋は、若者に人気のボーカルグループ「リトルグリーンモンスター」とコラボ…

働く女性が牽引する「ビューティー」市場。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 本日(2017年12月14日)付の日本経済新聞朝刊に「2017年の株高 主役は「女性の美」だった?という興味深い記事が掲載されていました。 今年は、日経平均株価が26年ぶりに高値をつけました…

2018年、共働き主婦の気持ちを掴むキーワードは「ゆでおき」!?コンテンツ開発力が企業の命運を決める!

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 働く女性の増加に伴って共働き世帯も増えています。 平成22年から27年の5年間の推移をみると、59.8%から64.4%へと4.6ポイントの大きな伸びがみられ、新たな時短市場が生まれていること…

うめだ阪急から学ぶ「ライフバリューマーケティング」のヒント。「百貨店の原点はいかに人を感動、感激させられるか。そしてサプライズを提供できるかに尽きる」

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 前回は、うめだ阪急さんのパンフェアを紹介させていただきましたが。今回は「百貨店の原点はいかに人を感動、感激させられるか。そしてサプライズを提供できるかに尽きる」という考えのも…

50種類のメロンパンと47都道府県のご当地パンが集合するうめだ阪急のパンフェア。すごい!と思わせるニュースで勝負するうめだ阪急の集客術。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 このところテレビを見ていると、「おいしいパン」を特集する番組が目につきます。高級な食パンや惣菜パン、サラダパンやスイーツパンなどこれまでになかった多彩なアイデアパンが目白押し…

女性誌販売部数5年連続№1の宝島社、付録戦略の次は「コラボ戦略」でがっちり!

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 先日9月15日のこのブログでは、「私たちが、経済だ。経済を動かしたければ、まずは女性の欲望を刺激することから。」というタイトルで、宝島社さんの全30段広告のことについて書かせてい…

アーバンリサーチドアーズが新たな体験型スペース「DOORS HOUSE」をオープン!

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 若者に人気のファッションブランド、アーバンリサーチドアーズは、2017年10月7日(土) より、大阪のURBAN RESEARCH DOORS南船場店に併設していた「DOORS DINING」を、キュレーションスペー…

ライフスタイルショップ「Francfranc」の改革。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 これまでは、ビビッドカラーやパステルカラーを中心に、若い女性向けに「可愛い」イメージを訴求してきた「Francfranc」が生まれ変わろうとしています。 2017年9月1日には、社名を株式会…

ポーラ・オルビスHDはなぜ業績絶好調なのか?

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 以前に、「リンクルショット メディカル セラム」の大ヒットから学ぶ、女性マーケティングのヒント。http://www.happymk.net/entry/2017/06/08/140638 というタイトルで、ポーラ化粧品が…

私たちが、経済だ。経済を動かしたければ、まずは女性の欲望を刺激することから。

みなさんこんにちはライフバリューマーケティング。の和田康彦です。 今朝の日経新聞の宝島社さんの企業広告、ご覧になりましたか? 消費の8割を女性が主導権を握っていると言われていますが、今まさに経済を動かしているのは女性です。今朝の日経の30段広告…

洋服大好き集団「ZOZOTOWN」が立証する「好きこそものの上手なれ!」

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 ここ数年、服が売れない!とアパレル不況が叫ばれていますが、「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社の2017年3月期の商品取扱高は、前年比33.0%増の2120億円、営業利益は前年比48.0…

銀座 蔦屋書店が目指すのは「アートの大衆化」

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 先日の日曜日、4月20日にオープンした「GINZA SIX」を訪れました。開業から2ヶ月余りが経ったこともあるのか、日曜日の昼過ぎというのに、ラグジュアリーブランドを集積した売場は人影も…

これからは、「おやすみからおはよう」までのライオンに!

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 2017年7月5日付の日本経済新聞朝刊に、 浜逸夫 ライオン社長のインタビュー記事が掲載されていました。タイトルは、「日用品から見た物価 付加価値あれば売れる」。 その中で、今価格以上…

阪急うめだ本店がサブカル好き女子にむけた、「天体観測展」や「理科系雑貨研究所2017」「もしマリーアンワネットが眠れる森でアリスとネコに出会ったら?」を開催。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 このところ歴女、鉄女、カメラ女子など、女性にしては珍しいとされていた趣味が、ゲームやタレントの影響やインスタグラムの台頭により、市民権を得てきています。阪急うめだ本店10階の『…

ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」は、福岡県糸島市で市(いち)を開催!全国各地の手作りファンとつながり、手作りファン同志をつなげるのが狙い。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営する株式会社クリーマは、全国各地のものづくりに縁のある街を訪れ、その地の人々とともに市(いち)を開く、「…

マルイの「ラクチンきれいシューズ」もインスタグラムマーケティングを導入。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 株式会社丸井は、マルイオリジナルの婦人靴「ラクチンきれいシューズ」をInstagramで人気の“インスタグラマー”が紹介するWEB動画を公開することを発表しました。 マルイオリジナルの婦人…

宝島社が、帰宅後、15分以内にできる!『太らない!ただいまご飯』を発売。時短需要は今後も広がっていく。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 働く女性が増える中、手間のかからない時短料理に注目が集まっています。またこれから肌の露出が多くなる夏本番に向けて、女性のダイエットへの関心は最高潮を迎えます。株式会社宝島社が…

アーバンリサーチ ドアーズが、女性目線で快適に配慮した住まいをプロデュース。異業種コラボで新たな価値の提供を。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 アーバンリサーチ ドアーズは、総合地所株式会社とコラボレーションし、マンションギャラリーやモデルルーム、本体共用部等の空間コーディネートを企画・監修することを発表しました。同…

20代女性の6割以上が「30歳を迎えることが不安」。SK-Ⅱが「女性の生き方に関する意識調査」結果を発表。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 高級スキンケアブランドのSK-Ⅱ は、5月に首都圏に住む10代~50代の女性1400人を対象に「女性の生き方に関する意識調査」を実施し、結果を発表しました。調査結果から20代女性のリアルな気…

わずか15分で野菜たっぷりの主菜が完成!働く女性に嬉しい「冷凍deli kit」を大地を守る会が発売。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 働く女性や共働き家庭が増える中、仕事と家事や育児の両立は女性にとって大きな課題です。そしてそこには未充足の潜在ニーズが眠っていると言っても過言ではありません。EC市場や食材・…

阪急うめだの「おいしい、かわいい沖縄展」から教わる、女性マーケティングのヒント。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 私は神戸に住んでいますが、このところ知人のお見舞いのためほぼ週末は大阪に出かけています。その際必ず立ち寄るのが、大阪うめだの阪急百貨店です。昨日も「おいしい、かわいい沖縄展」…

中高年女性に人気の「カーブス」から学ぶ、女性マーケティングのヒント。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 スポーツ庁健康スポーツ課は、週一回以上スポーツする人の割合(スポーツ実施率)を65%にする数値目標を設定しました。この数値目標を達成するため、2017年度からは運動促進キャンペーン…

「リンクルショット メディカル セラム」の大ヒットから学ぶ、女性マーケティングのヒント。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 毎年恒例の「日経MJヒット商品番付」2017年上期(1月~6月)の顔ぶれが昨日発表されました。東の横綱には、19年ぶりの日本出身横綱として大相撲を盛り上げた「稀勢の里」が、西の横綱には、…

ジュエリー業界で業績好調な4℃から学ぶ、女性マーケティングのヒント。

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 宝飾品店「4℃」を展開するヨンドシーホールディングスの2017年2月期の売上高は 497 億 97 百万円(前期比 5.8%減)、営業利益は 65 億 29 百万円(前期比 6.8%増)、経常利益は 77 億 …

クラフトイベントが人気。「丸の内ストリートマーケットby Creema」が各月開催へ。

スマートフォンの普及に伴い、フリマアプリやハンドメイドアプリをダウンロードして個人間取引する人が増えています。ハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」を運営するGMOペパポがホビー白書をもとに推計した国内C2C市場は、2013年の698億円から、2016…

宝島社の『リンネル』がファッション雑誌6位→2位に躍進!今急増中の「暮らし系」女子とは?

みなさんこんにちは。ライフバリューマーケティングの和田康彦です。 宝島社が発行する『リンネル』は“心地よい暮らしと装い”をコンセプトに、10~60代まで幅広い年齢層の読者の支持を得ている ナチュラル系ファッション雑誌。一般社団法人日本ABC協会が発表…