女性客から愛される!     ライフスタイルマーケティング。

今や消費の8割以上の決定権を握ると言われる「女性生活者」から選ばれ、愛され続けるためのマーケティングのヒントをお届けしています。

ライフスタイルマーケティング

「H&M」が目指すサスティナブルファッションとは。

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。英BBCなどは、英バーバリーが年間約41億円分もの衣料品や化粧品などを廃棄していたことを7月に報道しました。その結果、環境保護団体などの批判を浴び、売れ残り商品の廃棄をやめ再利…

無印良品の「手間ひまかけた冷凍食品」は、働く女性の強い味方になる。

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。以前のブログで、無印良品が「食」をテーマにした大型専門売場を大阪堺のイオンモール北花田店にオープンしたことをお伝えしました。http://www.happymk.net/entry/2018/03/24/121015 無印…

「バルミューダ ザ・ライト」が提供する驚きや感動、うれしくなるような体験価値とは?

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。日本の家電の歴史を見ていくと、1953年(昭和28年)、三洋電機が電気洗濯機を発売。その後、昭和30年代(1955年~1964年)には、洗濯機、冷蔵庫、白黒テレビという「3種の神器」が一気に普…

ネット時代でも、家具やインテリア購入には、店頭ディスプレイが有効。

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。「ホームリビング」等国内家具市場向け専門紙を発行しているアイクによると2017年の家具市場は3.兆3443億円。1991年に比べると約半分と大幅に縮小しています。住宅着工戸数の減少による買…

SDGsを取り入れている企業には信 頼感・好感を持ちやすい!

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。株式会社電通は、全国10~70 代の男女計 1,400名を対象に、SDGs に関する「認知・理解」「興味・関心」「SDGs 認知者のプロフィール」「情報接触経路」に ついての現状を把握するため、「S…

あなたの会社でも、SDGsの具体的達成目標を事業戦略に組み込もう!

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。これから未来のライフスタイルを考えていくうえで、重要なキーワードのひとつが「サスティナブル(持続可能)なライフスタイルの実現」です。 今世界では、環境問題や貧困、飢餓の問題、ジ…

5G時代のライフスタイルをイメージしよう!

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。総務省の情報通信白書によると、スマホの世帯保有率は17年に75.1%に達し、固定電話(70.6%)を初めて抜きました。スマホは個人の情報収集や発信の手段にとどまらず、家庭の生活にとって…

女性の悩みや不安を解決しよう!

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。今年も8月24日に内閣府から、2018年度の「国民生活に関する世論調査」結果が公表されました。「現在の生活にどの程度満足しているか」との質問では、「満足」「まあ満足」が計74.7%(前年…

女性生活者の「生産者志向」の高まりに注目しよう。

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。先日お伝えした「リーマンショックと東日本大震災が、きっかけになった4つのシコウ変化とライフスタイル変化」http://www.happymk.net/entry/2018/08/27/135504では、①目先の損得よりも中…

フレックスタイム制の導入を検討しよう!

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。 働く女性が増える中、共働き世帯が増加し、女性に家事や育児の負担が重くのしかかってきています。 また、最近は働き方改革が合言葉になり、残業時間を減らす動きや、テレワークを導入す…

「ライフスタイル」ってなんですか。」③ライフスタイル研究が注目されてきた背景

ライフスタイルという言葉は、元々は社会学の分野で使われていた言葉で、人々の生活様式、行動様式、思想様式といった、あらゆる生活諸側面の歴史的、文化的、社会的、個人的、集団的、あるいは地域的な差異をトータルな形で表す言葉です。 ◆米国でのライフ…

「ライフスタイル」って何ですか?①スマホによるライフスタイルの大変革。

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。今日からは「ライフスタイル」について理解を深めていただくための話をしていきたいと思います。 ◆スマホの登場によって、私たちのライフスタイルは大きく変わった。アップルのスティーブ…