幸せな未来をつくる!マーケティングのヒント。

お客様はもちろん、企業も社会も未来も幸せになるマーケティングのヒントをお届けしてまいります。

企業は生産性向上のために、積極的に「睡眠負債」低減のサポートに取組もう!

みなさんこんにちは、マーケターの和田康彦です。

 

今年もあとわずか。2017年も今まで聞いたことがない新しい言葉をたくさん耳にしました。そのひとつが「睡眠負債」です。睡眠負債とは、わずかな睡眠不足が、まるで借金のようにじわじわ積み重なり、その結果、命にかかわる病気のリスクを高め、日々の生活の質を下げているという意味です。

 

一方で「働き方改革」ということばもよく聞かれた一年でした。主に長時間労働を改善して生産性を上げよう。ということが目的になっていますが、睡眠負債と生産性の向上には密接な因果関係がありそうです。

 

このほど、株式会社ニューロスペースが実施した「2017年度睡眠負債実態調査」によると、自分の睡眠に満足している人の8割以上は仕事等の日中の活動に集中して取り組めていると回答した一方で、自分の睡眠に不満を抱える人の半数以上は、日中の活動に集中して取り組めていないという実態が明らかになりました。

f:id:happymk:20171213163804j:plain

 

また、睡眠不足の原因では、「帰宅時間の遅さ」「ベッド・布団に入ってからのスマホ」「起床を早くする必要性(通勤・通学時間がかかる)」がトップ3。「スマートフォンの普及で「寝ながらスマホ」(ベッド・布団に入ってからスマホを触る行為)が全年代の睡眠を阻害しつつある最新の状況がわかりました。

 

f:id:happymk:20171213163825j:plain

一方で、自分の睡眠を良いものにすることへの関心は高く、全体で85.2%が「大変関心がある」「関心がある」と回答。しかし、「特に取り組んでみたことはない」と回答した人は44.9%にのぼり、自分の睡眠に悩みを抱え、改善したいと思いながらも、解決策が分からず行動を起こせていない人が多数存在していることも浮き彫りになっています。

 

f:id:happymk:20171213163843j:plain

◆企業は生産性向上のために、積極的に「睡眠負債」低減のサポートを!

このところ「マインドフルネス」に注目が集まっています。最新の脳科学では「ストレス軽減」「集中力アップ」「自律神経回復」などの効果が実証され、アメリカではグーグルをはじめフェイスブックやインテル、マッキンゼーといった企業のほか、政府機関の研修でもマインドフルネスは取り入れられているようです。また、小学校などの教育機関で積極的に取り入れた結果、子どもたちのいじめや差別が減ったという報告もあります。日本でも、テレビや雑誌で特集が組まれるなど、マインドフルネスはいま世界的に大きな注目を集めており、生産性向上や創造性開発によい効果を発揮することがわかってきました。

 

また、昼寝を積極的に奨励することで生産性を向上させる取り組みも多くの企業から聞かれるようになりました。

このように、働き方改革を推進していくためには、単に長時間労働の改善だけでなく、1人1人が最高のパフォーマンスを発揮できる職場の環境づくりが重要になってきています。

 

2018年、共働き主婦の気持ちを掴むキーワードは「ゆでおき」!?コンテンツ開発力が企業の命運を決める!

みなさんこんにちは、マーケターの和田康彦です。

 

働く女性の増加に伴って共働き世帯も増えています。

平成22年から27年の5年間の推移をみると、59.8%から64.4%へと4.6ポイントの大きな伸びがみられ、新たな時短市場が生まれていることは以前のブログでもお伝えしてきました。

☛「共働き世帯の増加が新たな時短市場を生み出す。」

http://www.happymk.net/entry/2017/09/21/071827

 

さて、本日(2017年12月13日)の日本経済新聞朝刊では、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が中堅出版社の主婦の友社(東京・文京)を買収する方針を固めたことを報じていました。記事の中で、増田宗昭社長は「(電子書籍の販売サイトなどの)プラットフォームの時代は終わり、コンテンツの時代が来ている」と強調。私も「まさしく、その通り!」ととても共感いたしました。

 

主婦の友社は、1916年(大正5年)に創業。次の年1917年2月には婦人向け雑誌「主婦之友」を創刊。主婦向けの健康や育児、料理、経済や小説といったコンテンツを提供する婦人向け雑誌の代表的存在として、2008年6月号で休刊するまで、なんと通巻1176号を世に送り出してきた老舗出版社です。

 

そのコンテンツクリエイティブ力は、現代にも脈々と受け継がれ、様々なベストセラーを輩出してきました。CCCの増田社長はきっと、この女性生活者向けコンテンツ開発力に目をつけたのだと推測されます。

 

◆2018年、共働き主婦の気持ちを掴むキーワードは「ゆでおき」!?

私事で恐縮ですが、我が家も共働きなので、たまに私も調理することがあります。ただ、一念発起して材料を買い込んだとしても、結局は使い切れなくて無駄にして自己嫌悪、なんてこともよくあります。そんな、忙しい、、時間がない、作るのが面倒くさいと言った食事作りのジレンマを解消してくれそうなレシピ本が、主婦の友社から発売されました。タイトルはずばり「ゆでおき」です。

f:id:happymk:20171213141548j:plain

f:id:happymk:20171213141604j:plain

 

「ゆでおき」とは、食材をその後の目的を決めていなくてもとにかくゆでてストックすること。すでに下ごしらえが済んだ状態で保存しておくことで、その後の調理が圧倒的にラクになるとのこと。また、食材を無理なく使い切れ、料理の無駄もなくなり経済的。さらに味付けをその時々で変えられて、野菜を気軽に摂れるのも魅力!と同誌では伝えています。

 

確かにゆでておくなら手軽にできそうですし、その都度料理の内容に合わせて味付けもできるので合理的です。しかも生の状態で保存しておくよりも日持ちがしそうな点も経済的ですね。

 

同誌では、ゆでおきのメリットや朝・昼・晩のゆでおきメニュー、ゆでおきの野菜や肉・卵料理のレシピを111掲載しています。冬野菜の代表、大根のゆでおきメニューもバリエーション豊かに紹介されていますので、これからの季節、大いに役立ちそうな一冊です。

f:id:happymk:20171213141621j:plain

f:id:happymk:20171213141638j:plain

 

時短と節約。どちらも働く女性に共通する大きなニーズです。新たな切り口で提案していくことで、まだまだマーケット開拓の余地はありそうです。そのための目利き力やコンテンツ開発力が企業にとって重要な2018年になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

企業は、女性の更年期症状に積極的に目を向けよう!

みなさんこんにちは。マーケターの和田康彦です。

 

厚生労働省の「平成28年度版働く女性の実態」によると、平成 28 年の女性の労働力人口は 2,883 万人と前年に比べ 41 万人増加。一方、男性は3,765 万人で9万人増加に留まり、働く女性が増え続けていることがわかります。この結果、労働力人口総数に占める女性の割合は 43.4%(前年差 0.3 ポイント上昇)となりました。また、女性の労働力率(15 歳以上人口に占める労働力人口の割合)は、50.3%(男性 70.4%)と前年に比べ 0.7 ポイント上昇しています。

 

また、女性雇用者数は 2,531 万人で、前年に比べ 57 万人増加。一方男性雇用者数は 3,197 万人で前年に比べ 31 万人増加となり、雇用者総数に占める女性の割合は 44.2%(前年差 0.3 ポイント上昇)となりました。女性雇用者は産業別には、「医療,福祉」、「卸売業,小売業」等で増加しており、人と接する仕事で女性が活躍していることがわかります。

 

さて、株式会社ヘルスケアアドバイザーズが全国の36歳~55歳の女性1358名の中から、更年期障害のような症状を抱える女性400名を対象に行った調査によると、50代女性では7割以上が更年期症状を抱えていることがわかりました。

 

◆女性の更年期症状、会社の理解に満足していない人は7割以上。

今回の調査結果によると、更年期症状による仕事への影響については、半数以上(55.9%)が「特に影響はない」と答えているものの、会社の理解に満足していない人は70.2%に上っています。また、「症状が辛く退職(休職)したいと考えたことがある」人や「出社するのは憂鬱になることがある」人が21%いることも判明。更年期障害が原因の職場でのエピソードでは、「給湯室のシンクに置きっぱなしのコップがあるのに、雑巾を洗った。(39歳)」「上司にふざけんな!と叫びたくなった…(37歳)」「人がいない時を狙って机を思いっきり蹴とばした(36歳)」「クレーム対応なのに、逆にお客にきれてしまった(44歳)」「ものに八つ当たり、投げ飛ばしたり、蹴ったり、床に叩きつける(45歳)」など、更年期障害がゆえに、乱れやすくなる感情をコントロールする難しさがあることがわかります。

 

f:id:happymk:20171212163157j:plain

 

◆半数が、更年期の悩みを相談する相手がいない。

また、2人に1人が更年期のつらい症状について誰にも相談していないことが明らかになりました。更年期症状に苦しみながらも人に言えず我慢している人が多いことがわかります。医師に相談した人の中でも、28.6%が病院を「1~3回」変えたと回答。中には「6回以上」病院を変えている人もいるようです。

f:id:happymk:20171212163217j:plain

 

◆更年期障害を相談したい理想のパートナーNo.1はダントツでマツコ・デラックスさん。

半数の女性が更年期の悩みを相談する相手がいないと回答した一方で、更年期障害を相談したい理想の旦那(パートナー)でNo.1となったのはダントツでマツコ・デラックスさんでした。「解決策を考えてくれそう(39歳)」「共感しつつも笑い飛ばしてくれそう本音を伝えてくれそうだから(39歳)」など、なんでも相談できる人柄が支持された結果といえます。中には、「とてもじゃないけど、マツコさん以外の人には恥ずかしくて相談できない。(44歳)」「男性には理解されないような気がしたから(50歳)」など、男性には理解されないことへの不安感から選出した方も。続いて、2位がディーン・フジオカさん、3位博多華丸・大吉さんとなっています。

f:id:happymk:20171212163235j:plain

 

◆企業は、女性の更年期症状に目を向けて働きやすい環境づくりを!

働く女性が増加し、企業の中でも女性の存在感が年々強まっている中、今後は中高年女性の更年期症状に対して企業はもっと目を向けていく必要がありそうです。労働力不足が顕在化する中で、働く女性が心身良好な状態でパフォーマンスを発揮できる環境づくりは、生産性向上にも大いに役に立ちます。そのためにも更年期症状で悩む女性の精神的ストレスを軽減するための相談窓口の設置や症状を改善する指導の仕組みづくり等、企業は産業医糖とも連携をはかりながら早急に構築していくことが重要だと思われます。

 

おしゃれでカッコイイ60代夫婦に世界が注目。インスタフォロアー数57万超の「bonpon511」の日常が一冊に。『bon と pon ふたりの暮らし』発売!

こんにちは、マーケターの和田康彦です。

突然ですが、みなさんは今世界中で話題のおしゃれ夫婦「bonpon」さんをご存知ですか。

ふたりは仙台在住の60代夫婦。bonは夫、ponは妻。2016年12月からインスタグラム(@bonpon511)で色・柄などを合わせた「リンクコーデ」のツーショット写真を投稿したところ話題となり、世界中のメディアでとりあげられるようになりました。その結果今では57万人超がフォローする驚異的なインスタグラマーとして注目が集まっています。

このたび、このふたりのすてきな生活が一冊になった『bon と pon ふたりの暮らし』が主婦の友社から発売されます。「30代、40代は仕事や子育てで忙しくても、年齢を重ねてふたりの時間に戻れたら、若い頃と変わらない時間が持てる」と語るbonponさん。

「白髪になってからおしゃれが変わった」「おそろいコーデをするようになって、出かけるのが楽しくなった」と定年退職後の生活を満喫する「第二の新婚生活みたい」なふたりの暮らしには、素敵な年の重ね方のヒントが満載です。

 f:id:happymk:20171018194146j:image

f:id:happymk:20171018194201j:image

f:id:happymk:20171018194212j:image

f:id:happymk:20171018194225j:image

f:id:happymk:20171018194240j:image

f:id:happymk:20171018194253j:image

ふたりは大のユニクロファン。リーズナブルなユニクロアイテムをさりげなく取り入れておしゃれにカッコよく着こなしている点に多くの共感が集まっているのだと思います。

高齢化時代になりシニアマーケットに熱い視線が注がれていますが、このふたりをみていると、少なくともファッションには世代差がなくなっていることがわかります。いくつになっても「おしゃれにカッコよく生活を楽しんでいきたい!」という気持ちが、現在のシニア世代のホンネなのです。

 

象印の「暮らしを創る」という生活者発想。

みなさんこんにちは、マーケターの和田康彦です。

 

今日(2017年10月13日)の日経ビジネスオンラインでは、「見守りポットを生んだ、象印の先進力」というタイトルで、象印さんのモノづくりに対する姿勢が紹介されていました。

 

象印と聞いて思い浮かぶのは「マホービン」や「炊飯器」ですが、昨今は加湿器や空気清浄機、布団乾燥機など家庭用品分野にも進出。新たなマーケット開発にも積極的です。

 

平成28年11月期の売上高は892億3100万円。インバウンド需要の低迷から前年比0.6%の減少となっていますが、営業利益は前年比19.1%増の121億900万円。売上高に占める営業利益率は13.6%と優良ぶりがみてとれます。

 

現在ではIoTが一般的となり、様々なモノがインターネットを通じて結びつく時代になりましたが、象印ではまだインターネットが普及する前の1996年から無線通信機能を搭載した電気ポットの開発に着手。5年かけてようやく2001年、まだ携帯電話の普及率が6割ほどだったころ、IoTの先駆けともいえる「みまもりほっとライン」を発売しました。みまもりほっとラインとは、電気ポットを毎日使うだけで、離れて暮らす家族の生活を見守ることができる「安否確認サービス」。電気ポットの使用状況を、見守る家族の携帯電話またはパソコンにEメールで知らせるほか、ホームページの契約者専用ページで1週間のポット使用状況をグラフで見ることができます。

 f:id:happymk:20171013182035j:image

このような先進発想は、どこから生まれてくるのでしょうか。日経ビジネスオンラインから市川典男社長の言葉を下記に引用させていただきました。

 

『私は社員に「われわれは電機メーカーじゃないぞ」と何度も繰り返し言っています。「家庭用品メーカーだぞ」と。当社の企業理念は「暮らしを創る」。電化製品を作るのが最優先ではなく、あくまで「暮らしを豊かにする物は何か」という視点に立ってモノ作りをしているんですね。今の世の中、電気を使わなくて同じ目的が果たせるのならば、そちらの方が省エネでいいですしね(笑)』

 

まさに『暮らしを創る』という意気込みが、象印のすべての商品開発のベースになっているのですね。技術力から商品を開発するのではなく「生活者発想」から開発する。アイリスオーヤマさんが後発ながら、家電マーケットに参入して女性の支持を集まているのも、「生活者発想」からスタートしているからだと思います。

 

うめだ阪急から学ぶ「幸せマーケティング」のヒント。「百貨店の原点はいかに人を感動、感激させられるか。そしてサプライズを提供できるかに尽きる」

みなさんこんにちは、マーケターの和田です。

前回は、うめだ阪急さんのパンフェアを紹介させていただきましたが。今回は「百貨店の原点はいかに人を感動、感激させられるか。そしてサプライズを提供できるかに尽きる」という考えのもと、次々に新しいニュースを発信し続けているうめだ阪急のマーケティングについて書かせていただきます。

 f:id:happymk:20171012182824j:image

 

◆不振の百貨店業界の中で、阪急うめだ店は、2016年度も増収、客数増。

東の伊勢丹、西の阪急。東西の百貨店の両雄をさしてこのように呼ばれてきましたが、このところ東の伊勢丹からはかつての勢いを感じません。そんな中、大阪梅田の阪急百貨店本店は、百貨店業界が衰退する中でも次々に新しい企画を打ち出し、女性客の潜在ニーズを捉えて健闘しています。女性を笑顔にするマーケティングのヒントをたくさん見つけることができるので、お近くのみなさんはぜひ足を運んで繁盛している売場やイベント会場を体感してほしいと思います。

 

さて、阪急百貨店を運営するエイチ・ツー・オーリテイリング社の2017年3月期の業績を見ると、百貨店事業の売上高は前期比99.2%の4276億4400万円。営業利益は同96.2%の159億9300万円で売上も利益も減少しています。一方で、阪急本店(メンズ大阪を含む)の売上高は、前期比101%の2205億1500万円、入店客数は同100.3%の4919万1000人と微増。2018年3月の売上も2273億8800億円を計画しており増収を見込んでいます。

 

全国百貨店売上の推移をみると、国内百貨店の売上高は1991年バブル期の9兆7130億円を頂点に一転して下り坂。昨年2016年度は36年ぶりに6兆円を割って5兆9780億円となり2年連続の減少、ピーク時の売上の約4割減と厳しい経営環境にあります。背景には少子高齢化による人口減少や成熟化によるモノ離れ等がありますが、一方で阪急うめだ本店のように環境変化を味方につけて健闘している店舗があるのも事実です。

 

◆阪急うめだ店のコンセプトは「劇場型百貨店」。

阪急うめだ本店はおよそ600億円をかけて改築・改装し2012年11月21日にグランドオープン。店舗面積14万平方メートル、売り場面積8万平方メートルと日本最大級の百貨店となりましたが、売場の2割を非物販スペースにするなど大胆なイノベーションを同時に断行しました。背後には「21世紀の小売業はどうあるべきか」「モノは十分に満たされている中、さらに買っていただくためにはどうればよいのか」という課題解決への挑戦があったのです。

 

成熟化の時代になり、生活者にとって必要なものは何でも手に入るようになりました。以前なら「軽いですよ」「丈夫ですよ」といった機能的な価値を訴求すればモノが売れましたが、今やモノの機能だけを訴求しても興味を示してくれません。また「安くていいモノ」は今や当たり前。ブランド信仰も年々影を落としています。

 

そんな中、阪急うめだ店のグランドオープンのコンセプトは「劇場型百貨店」。顧客を非日常空間に連れ出し、買物を楽しんでもらう劇場のような空間を目指しました。それを象徴するのが9階の「祝祭広場」です。フロア中央に3フロアぶち抜きの空間が広がり、観覧席を兼ねた階段が連なっています。ここでは連日、阪急独自のイベントが繰り広げられ、毎週訪れても新しい発見や感動があります。「顧客が少しでも店内に滞留し、店内で得た新たな情報を得て新しいコトを発見し、そのニーズに応えることが百貨店の役割」。つまり「機能」といったモノの価値ではなく、目には見えない感動や感激、発見や使用価値といった「文化的価値」を提供していくことを主眼に置いた一大イノベーションだったのです。

 

◆コトを体験させてモノを買ってもらう時代へ。

例えば、「おいしい、かわいい沖縄展」というイベントでは、そのキャッチフレーズに惹かれて、イベント会場へ足を運びました。当初はオリオンビールを目当てにしていたものの、会場で出会った地元のクラフトビールに惹かれてイートインスペースへ。沖縄の伝統料理とともに美味しいクラフトビールを初体験しました。これらの一連の消費行動は、沖縄を疑似体験したい!というコトへの興味からビールや沖縄伝統料理を購入する、といったモノ消費へつながっていることがよくわかります。私自身も阪急さんの戦略に気持ちよく乗っている良きお客様なのです。

 

阪急百貨店では、「百貨店の原点はいかに人を感動、感激させられるか。そしてサプライズを提供できるかに尽きる」と考えています。そのための「モノ消費からコト消費」へのシフト。コトを体験させてモノを買ってもらうというイノベーションが百貨店業界が低迷する中でも、多くの女性客を惹きつけています。私は阪急うめだの様々なイベントを目当てに訪れますが、毎回新しい発見があり、お客様を喜ばそうとという姿勢にいつも阪急の「本気度」を感じます。阪急の商人魂こそが、不振の百貨店業界をリードしている原点なのです。

 

50種類のメロンパンと47都道府県のご当地パンが集合するうめだ阪急のパンフェア。すごい!と思わせるニュースで勝負するうめだ阪急の集客術。

みなさんこんにちは、マーケターの和田康彦です。

 

このところテレビを見ていると、「おいしいパン」を特集する番組が目につきます。高級な食パンや惣菜パン、サラダパンやスイーツパンなどこれまでになかった多彩なアイデアパンが目白押しです。以前にはホームベーカリーがブームになり、朝、パンが焼きあがる香りに幸せを感じるという女性の声を多く耳にしました。今や「パン=幸せ」そんな構図がすっかり定着してきているようです。そんな中、百貨店やショッピングモールでも「パンフェア」と称するイベントが全国各地で開催されています。

 

大阪うめだ阪急でも2017年10月25日(水)~30日(月)の期間で第5回パンフェアが開催されます。

今回は、様々な趣向をこらした老若男女問わず好まれるメロンパンが50種類と、その土地ならではのご当地パン47都道府県すべてが集合。関西初の有名ブーランジェリーや会場限定の「銀座千疋屋」と新進気鋭の大阪発食のパンブランド「レブレッソ」がコラボレートしたフルーツサンドも登場。パン好きには目が離せないイベントになりそうです。

 

今回のパンフェアでも「50種類のメロンパン」や「47都道府県のご当地パン」「関西初のブーランジェリー」「会場限定のコラボフルーツサンド」などアッと驚くニュースを発信するうめだ阪急。競合他社が真似ができないイベントに対する本気度が女性の心を捉えてたくさんの「うめ阪ファン」を創造しています。

 

以下にイベントの内容をピックアップしておきます。お近くの方はぜひウォッチングがてら足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

■食感、フレーバー、クリーム、デザインなど、色々楽しむメロンパン 50種!

f:id:happymk:20171012182431j:image

表面がビスケット生地やクッキー生地でコーティングされたパンのことを言う“メロンパン”。老舗パン屋の昔なつかしいメロンパンから、マーボー豆腐入りの進化系まで、誰もが好きなメロンパンが多彩に登場!!

 

■そんなのあり?!ご当地パンが勢揃い!

f:id:happymk:20171012182443j:image

今回ついに47都道府県に!その土地以外の人にとっては、ビックリする発想のパンをはじめ、個性的なパッケージやその土地ならではの味わいでファンの多い“地元パン”など、個性溢れるご当地パンが集合。

 

■初登場ブランド、会場限定が続々と!

●関西初 「メゾンランドゥメンヌ東京」

f:id:happymk:20171012182458j:image

パリに13店舗、パリ最高パン屋賞受賞経験もある本格派ブーランジェリーが初登場。会場で焼き上げるクロワッサンにも注目

 

●関西初  「マリアージュドゥファリーヌ」

f:id:happymk:20171012182515j:image

有名パティシエ辻口博啓シェフが手がけるパンのブランド。今回は、パティシエの技が活きるデニッシュとチョコソフトクリームのマリアージュが登場。

 

●会場限定 「銀座千疋屋」×「レブレッソ」

f:id:happymk:20171012182531j:image

言わずと知れた東京のフルーツサンドの銘店「銀座千疋屋」と、新進気鋭の大阪発食のパンブランド「レブレッソ」がコラボレートした会場限定フルーツサンドが登場。

 

●阪急初 イートイン! 「タロコーヒー」

f:id:happymk:20171012182545j:image

大阪上本町で地元の方のみならず、観光客にも人気のカフェが登場。卵の甘みを辛子マヨネーズがきりりと引き締める絶品厚焼きたまごサンドが味わえ注文を受けてから丁寧に焼き上げるスタイルはお店さながら。