女性客から愛される!     ライフスタイルマーケティング。

今や消費の8割以上の決定権を握ると言われる「女性生活者」から選ばれ、愛され続けるためのマーケティングのヒントをお届けしています。

女性の就業率が初めて70%を越えました。

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。 

総務省が28日発表した8月の労働力調査によると、15~64歳の女性のうち、就業者の比率は前月比0.1ポイント上昇の70.0%と、初めて7割台に達しました。前月に続き、比較可能な昭和43年以降で過去最高を更新。前年同月比で女性の就業率の上昇は6年6カ月連続で、企業の採用意欲の高まりを背景に、働く女性の増加が続いていることが要因とみられます。女性全体の就業者は前年同月比で76万人増加し、53年以降で最多の2962万人に達しました。女性の就業は前年同月比で、医療・福祉分野や宿泊・飲食サービスを中心に幅広い産業で増加。働く時間を選びやすいパートなどが増えています。

f:id:happymk:20180928172738p:plain

 

これまでにも何度もお伝えしてきていますが、働く女性が増えることで時短マーケットや家事応援サービスマーケットなど新しいビジネスがどんどん広がっています。まさに消費の主役は「働く女性」。働く女性のストレスを軽減する商品やサービスにはまだまだ伸びしろがあります。ぜひ取り組んでいきましょう。

 

女性の就業率が初めて70%を越えました。

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。 

総務省が28日発表した8月の労働力調査によると、15~64歳の女性のうち、就業者の比率は前月比0.1ポイント上昇の70.0%と、初めて7割台に達しました。前月に続き、比較可能な昭和43年以降で過去最高を更新。前年同月比で女性の就業率の上昇は6年6カ月連続で、企業の採用意欲の高まりを背景に、働く女性の増加が続いていることが要因とみられます。女性全体の就業者は前年同月比で76万人増加し、53年以降で最多の2962万人に達しました。女性の就業は前年同月比で、医療・福祉分野や宿泊・飲食サービスを中心に幅広い産業で増加。働く時間を選びやすいパートなどが増えています。

f:id:happymk:20180928172738p:plain

 

これまでにも何度もお伝えしてきていますが、働く女性が増えることで時短マーケットや家事応援サービスマーケットなど新しいビジネスがどんどん広がっています。まさに消費の主役は「働く女性」。働く女性のストレスを軽減する商品やサービスにはまだまだ伸びしろがあります。ぜひ取り組んでいきましょう。

 

「H&M」が目指すサスティナブルファッションとは。

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。
英BBCなどは、英バーバリーが年間約41億円分もの衣料品や化粧品などを廃棄していたことを7月に報道しました。その結果、環境保護団体などの批判を浴び、売れ残り商品の廃棄をやめ再利用や寄付に切り替える方針を表明。これまで、ブランド価値の低下を防ぐために焼却処分を続けてきましたが、市場からは環境負荷の抑制や社会的責任が求められており、放置すれば投資家や消費者の信頼を失いかねません。そんな中、アパレル業界では廃棄を前提としたモデルから抜け出す取り組みが動き出しています。

背景にあるのが需給のミスマッチです。経済産業省などの調査では、2016年の国内の衣料品の市場規模は約10兆円と1990年から3割縮小。一方、衣料品の供給量は年約40億点と同じ期間に約2倍に増えているのです。流行が細分化され、衣料品の単価が下がって商品寿命も短くなっているため、アパレル各社はアイテム数を増やして売り上げを確保しようとしてきました。しかし不良在庫が膨らみ、処分する商品が増えているのが現状です。

◆サステイナブルファッションを目指す「H&M」
そんな中、「サステナビリティ」に真剣に取り組むアパレル企業がスウェーデンにあります。日本でもおなじみのファストファッション「H&M(へネス&マウリッツ)」です。同社は、サステナビリティ(持続可能性)をビジネスの根幹に置き、2030年には100%サスティナブルな素材にする目標を打ち出すなど業界のリーディングカンパニーを目指しています。今回は、「H&M」が目指すサスティナブル企業としての具体的な取組についてみていきましょう。

スウェーデンが位置するスカンジナビアは、もともとクリーンエアやクリーンウォーター、リサイクルなどへの関心が高い地域です。また他の欧州諸国でも環境問題への意識が高く、特に最近では、サプライチェーンの働き方に焦点が当たっています。同社は、「正しいことを行うことで成長を遂げる」という価値観を持ったバリュー・ドリブン・カンパニーを目指し、すべてのビジネスや活動にサステナビリティを組み込んだ活動をしています。また、サステナビリティを推進するためには、人類や地球環境のために良いことと、企業の長期的な利益をもたらすことの両方をうまく融合させることが重要という考え方のもと、循環型の再生可能な方法でファッションの循環を目標に掲げています。

f:id:happymk:20180921070550j:plain

◆2030年には100%サスティナブルな素材に。
「H&M」が考えるサスティナブルな素材とは、人びとの健康に配慮した素材であり、地球環境の負荷の少ない素材をいいます。例えば天然素材においても、テンセルやオーガニックコットン、オーガニックシルクなどのサスティナブルに調達された素材を使用することに舵を切っています。その結果、2016年には、コットンをサスティナブルにするための「ベター・コットン・イニシアティブ」に認証されたコットの世界最大ユーザーになっています。

一方再生資源の活用にも力を入れています。例えば「バイオニック」という素材は、海洋に投機されたプラスチックのリサイクルを原料とする再生ポリエステルで、同社のラグジュアリーなハイエンドコレクション「コンシャス・エクスクルーシブ」でも採用されています。また、H&Mの創業一族が運営する非営利団体は、外部の研究機関と連携して、廃棄物ゼロの「100%循環型リサイクル技術」の開発に取り組んでいます。例えば、熱処理によってコットンとポリエステルを分離できる技術を用いた大型機械の開発や、要らない服を持ち込むと熱処理のあと生地を粉砕して繊維にし、新たな生地を紡いで服にする小型コンテナの開発など、未来に向けた取り組みが始まっています。

f:id:happymk:20180921070625j:plain

◆バリューチェーン全体で取り組むサステナビリティ
H&Mには世界に900のサプライヤーと1800の工場があります。同社のサスティナブル企業を目指す取り組みは、これらのバリューチェーン全体のミッションにもなっています。例えば、工場の労働環境基準の整備などのルール作り、エネルギー効率の向上、ソーラーパワーや風力発電など再生可能エネルギーへの転換、効率的な物流システムの構築、排出した地球温暖ガスと同等の樹木を植える取り組みなど、地球への負担をゼロにすることを目標にしています。

◆リペアサービスの開始やサスティナブルな子供服も発売
2018年6月にリニューアルオープンしたパリ・ラファイエット通りの基幹店では修理サービスをスタート、また刺繍やパッチワークなどカスタマイズサービスの提供も始めています。さらに古着を回収しクーポンと交換するリサイクルステーションを設置するなど、サスティナブルな店づくりにも取り組み始めました。さらに、9月27日には、世界自然保護基金(WWF)とコラボしたWWF×H&Mキッズコレクションを発売。アイテムの95%で持続可能な素材を使用。製造過程においてもCO2排出量や水質面で一定評価を保てる工場のみで縫製、売り上げの1割をWWFの環境保全活動に寄付するなどサスティナブルな取り組みを具現化しています。

f:id:happymk:20180921070648j:plain

◆サスティナブルな取り組みは、これからの企業の生き残り条件
これまでにもお伝えしてきたように、国連のSDGsの推進等、世界ではサスティナブルな未来づくりの機運が高まっています。国内では、まだまだスタートラインについたばかりといえそうですが、これから先、消費の主役である女性が環境保全等の社会課題に目を向けていくことは間違いありません。今後は日本企業も、サスティナブルな経営を他人ごとではなく自分ごととして取り組むことが女性客から愛される条件になるでしょう。

無印良品の「手間ひまかけた冷凍食品」は、働く女性の強い味方になる。

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。
以前のブログで、無印良品が「食」をテーマにした大型専門売場を大阪堺のイオンモール北花田店にオープンしたことをお伝えしました。http://www.happymk.net/entry/2018/03/24/121015

無印良品は、このところ絶好調な食分野の強化に注力していますが、新たに冷凍食品シリーズ50種を9月28日(金)から無印良品限定4店舗で発売します。(無印良品ネットストアの販売は10月上旬を予定)

f:id:happymk:20180907141742j:plain

共働き世帯や単身世帯の増加を背景に、時間をかけずに調理できるミールキットやカット野菜、冷凍食品を利用する女性が増えています。日本冷凍食品協会によると2017年の冷凍食品の生産量は数量ベースで過去最高だった16年を3%上回る160万トンに達し、金額ベースでも02年以来の7000億円台。海外でも需要は高まっているようです。

無印良品が発売する冷凍食品のコンセプトは「手間ひまかけた冷凍食品」。できたての美味しさをそのままの状態でパックし、食卓へ届ける冷凍食品のシリーズを提案するのが特徴で、①白和えやきんぴらごぼうのような「素材を生かしたお惣菜」②玄米や雑穀米をつかった国産米おにぎりなどの「素材を生かした世界のごはん」③餃子や焼売などの「日本の飲茶」④時間や手間のかかる煮込み料理を1食分で味わえる「世界の煮込み」⑤温めるだけで食べられるホットサンドやキッシュなどの「焼きたての美味しさ」の5つをテーマに、化学調味料不使用で全て中身が見えるパッケージで発売します。毎日の食卓のサポートになるようなラインナップが強みと言えます。

① 素材を生かしたお惣菜では、高野豆腐とえんどう豆の卵和え(200g)税込390円、ごぼうと九条ねぎのきんぴら柚子風味 200g)税込390円。②日本の飲茶では、国産野菜と生姜の棒餃子 (320g(8個入り)税込450円、餅入りわらびもち(4個)税込390円。③焼きたての美味しさでは、ホットサンドスモークチキン&チーズ (1個)税込350円、チキンとほうれん草のキッシュ (1個)税込490円。④素材を生かした世界のごはんでは、発芽玄米ごはんの塩おにぎり(400g(80g×5個))税込490円、五穀米ごはんの鮭おにぎり(400g(80g×5個))税込490円。⑤世界の煮込みでは、肉じゃが(175g(1食分))税込390円、サムゲタン(韓国風鶏のスープ煮込み)(160g(1食分))税込390円とバラエティに富んでおり、価格も手ごろです。

 

9月下旬から冷凍陳列棚を置いた越谷レイクタウン、イオンモール堺北花田、イオンモールKYOTO、グランフロント大阪の国内4店で販売を始め、2019年2月までに20店に拡大する予定。現在好調な食品カテゴリーを拡大し、30年をめどに売上高比率を10%弱から30%に高める計画です。

共働き世帯の増加や健康志向の高まりを背景に、うま味調味料を使わないことが特徴の無印良品の食品はレトルトなどが女性を中心に支持を集め、18年2月期の食品の売上高は前の期比約3.8%増と好調。婦人衣料品や化粧品も好調だが、食品の売上構成比を高めることで、3795億円の18年2月期の売上高を21年2月期で5000億円にする中期計画の達成につなげる狙いです。

無印良品の食品が好調な背景には、味に対するこだわりがあります。今回発売される冷凍食品「手間ひまかけた冷凍食品」もその名の通り、かなり手間ひまかけて開発した背景が読み取れます。時間をかけずに本格的な美味しいものを食べたい。そんな働く女性の心を捉えて、日本の冷凍食品業界を大きく揺さぶるのではないでしょうか。

「バルミューダ ザ・ライト」が提供する驚きや感動、うれしくなるような体験価値とは?

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。
日本の家電の歴史を見ていくと、1953年(昭和28年)、三洋電機が電気洗濯機を発売。その後、昭和30年代(1955年~1964年)には、洗濯機、冷蔵庫、白黒テレビという「3種の神器」が一気に普及しました。続いて、昭和40年代には、3C(カー、クーラー、カラーテレビ)が普及し始め、当時憧れだったアメリカン・ウェイ・オブ・ライフに近づいていきました。それ以降今日に至るまで、家電メーカーは技術革新を繰り返し、より性能の良いもの、より大型のもの、より省エネを実現できるものへとスペックを進化させてきました。つまり、家電製品は不便さを解消することで私たちの生活に役立ってきたわけです。しかし、生活が十分に便利になった今、生活者が家電に求めることは変化してきています。

2015年にバルミューダが発売した「バルミューダ ザトースター」は、2万円以上もする高価格にもかかわらず、独自のスチームテクノロジーと温度制御により、窯から出したばかりの焼きたての味を食べられるという評判を呼び大ヒット。また、独自の技術によって自然界の風を再現する扇風機「The GreenFan」は、夏の午後を吹き抜ける心地よい風を体験できるとあって、こちらも3万円台の高価格にもかかわらず話題の商品になりました。

バルミューダは、2003年、代表の寺尾玄氏が設立したクリエイティブとテクノロジーの会社。同社のミッションは「自由な心で夢見た未来を、技術の力で実現して人びとの役に立つ」。新しい考え方で、これまでになかった価値を持つ家電をつくっていくことを目指しています。寺尾氏は、「現代を生きる私たちが道具やサービスに求めているのは、驚きや感動、うれしくなるような体験なのだと思います。バルミューダは家電という道具を通して、心躍るような、素晴らしい体験を皆様にお届けしたいと考えている企業です。」と語っています。

さて、その「バルミューダ(BALMUDA)」から、子どもの目を守るためのデスクライト“バルミューダ ザ・ライト”が発売されます。製品は既存のキッチンシリーズ、空調シリーズに次ぐ3つ目のカテゴリーになります。

f:id:happymk:20180907131536j:plain

文部科学省の学校保健統計調査(2017年度)によると、近年の子どもの視力低下は著しく、2017年には裸眼視力が「1.0未満」の小学生の割合は32.5%と過去最高に。従来の原因にくわえ、タブレットやスマホなどのブルーライトを発する光を長時間見ることも一因と考えられ対策が必要とされてきました。

誰しも、デスクに向かい集中していると徐々に姿勢が悪くなりますが、特に大人に比べ背が低い子どもは目線が低く、とりわけ下方向が見えづらい傾向があります。そのため、手もとをよく見ようと頭を下げ、ますます視界は狭くなりさらに、上方からの照明の光による自身の頭の影が手もとを暗くしてしまいます。バルミューダ ザ ライトは、この視界と姿勢の関係性に着目。子どもの視界に最適な光で照らすフォワードビームテクノロジーを手術灯で国内シェアNo.1の山田医療照明と共同開発。離れた場所から広く手元を照らし、子どもの目線の先に影を作らない光を実現しました。

さらに、デスク上でも青空の下で見るような本来の色を再現する太陽光LEDを採用。太陽光の波長に近い太陽光LEDは、ブルーライトのピーク波長が一般的な白色LEDライトの約半分。自然光のように目に優しい光で、子どもの目の疲労を抑え、集中を妨げないことが特徴で、成長期にある子供たちの目に優しい理想的な光だそうです。

さらに、もう一つの特徴がそのデザインで、あえてシンプルな見た目にすることで照明台に文房具を刺したり、シールを自由に貼ることができるような遊び心を取り入れています。ライトの操作音はピアノ音。“90%までのデザイン”をテーマにし、最後の10%は子どもたちが自由にデザインできる余白としたとのこと。

価格は3万7000円。9月6日に予約を開始し、発売は10月下旬を予定。9月11日から松屋銀座の直営店で先行展示を行う他、“目のケア”に取り組む「ジンズ(JINS)」渋谷店でも10月8〜14日に体験会を実施。
 
寺尾玄・社長は制作背景について、「われわれはクリエイティブとテクノロジーの会社。クリエイティブで夢見た未来をテクノロジーで実現したいと思っている。自宅でいつも息子が机に顔を近づけて絵を描くたび、前かがみになって目が悪くならないかと心配していた。子どもが前かがみになるのは、大人と子どもの視界が異なるから。子どもたちが自由に夢を見られるために、前かがみにならずに絵を描くことができるライトを作りたいと考えた」と語っています。

開発に着手したのは2014年。ヒット商品となった「バルミューダ ザ・トースター」よりも先に動き始めていたプロジェクトなので、かれこれ4年を費やした思い入れの強い商品だということがわかります。この開発にかける熱い想いとテクノロジーの融合が、バルミューダ流イノベーションのベースになっているのだと思います。

来年以降、照明カテゴリーでのさらなるラインアップを予定。同社の2017年度の売り上げは89億円で、今年度は100億円以上を計画しています。

 

ネット時代でも、家具やインテリア購入には、店頭ディスプレイが有効。

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。
「ホームリビング」等国内家具市場向け専門紙を発行しているアイクによると2017年の家具市場は3.兆3443億円。1991年に比べると約半分と大幅に縮小しています。住宅着工戸数の減少による買い替え需要の停滞や部屋にあまりモノを置かないシンプ志向の浸透が背景にあります。一方で百貨店等の家具売り場は年々縮小に追い込まれ、実物を見て家具を買いたいという購買ニーズを満たせないという悪循環に陥っている現実もあります。

f:id:happymk:20180906161925j:plain

 

マイボイスコム株式会社が行った調査結果によると、家具・インテリア雑貨選定時の参考情報は「店頭のディスプレイ」が4割弱(37.2%)で1位。「テレビ番組・CM」「商品カタログ・パンフレット」「インテリア関連雑誌」「家具・インテリア関連メーカーの公式サイト」などが各10%台となっています。女性10~30代では「ブログ、SNS、インスタグラムなど」の比率が他の層より高くなっています。ただ、長く付き合う家具を買う場合は使用感や部屋に合うデザインか、大きさはどうかといったことが購入の決め手になることから、実物を確かめて買いたいという生活者の気持ちは無視することはできません。

その結果、家具・インテリア雑貨の購入場所は「家具専門店(大塚家具、ニトリ、島忠、イケアなど)」が62.0%で1位、「ホームセンター」(36.6%)が上位2位という結果に。ニトリやイケアといった家具専門店では、実際に生活する部屋のイメージに合わせて展示することで、購買意欲を高めて売り上げにつなげていることがわかります。3位以下は「インターネットショップ、通販サイト」「大型生活雑貨店(東急ハンズ、ロフト、無印良品など)」「インテリアショップ」などが各2割という結果になりました。「インテリアに非常にこだわりがある層では、家具専門店に続き、「インテリアショップ」「大型生活雑貨店(東急ハンズ、ロフト、無印良品など)」が多くなっています。

f:id:happymk:20180906161406j:plain

とはいえ、家具・インテリアの購入・情報収集パターンを見ると、「店頭で買う/ネットで情報収集をする」が、家具・インテリア購入者の46.9%、「店頭で買う/ネットで情報収集はしない」が25.1%という結果に。10・20代は「店頭で買う/ネットで情報収集をする」、高年代層では「店頭で買う/ネットで情報収集はしない」の比率がやや高くなっています。つまり、最終的には店頭で大きさや使用感、デザイン等を確かめて購入するものの、事前にはインターネットでしっかり情報を収集していることがわかります。EC全盛時代とは言うものの、まだまだリアル店舗のパワーも負けてはおらず、リアルとネットを組み合わせて、いかのお客さまに有効な情報を発信し、安心して楽しく買い物していただくかが重要といえます。

最後にインテリアの重視点を見てみると、「見た目がすっきりしている」「くつろぎ・癒しの空間となり、居心地がよい」「シンプルで飽きがこない」などが各4割で上位にあがっています。「くつろぎ・癒しの空間となり、居心地がよい」「手入れがしやすい」「シンプルで飽きがこない」などは、女性高年代層での比率が高くなっています。インテリアへのこだわりがある層では、「部屋全体のテイストに統一感がある」「くつろぎ・癒しの空間となり、居心地がよい」が上位2位です。一方、こだわりがない層では「見た目がすっきりしている」「シンプルで飽きがこない」などが上位にあがっています。生活者のライフスタイルが多様化する中、ニーズに合わせた品揃えや商品開発がますます重要になってきていることがわかります

 

 

SDGsを取り入れている企業には信 頼感・好感を持ちやすい!

みなさんこんにちは。ライフスタイルマーケティングの和田康彦です。
株式会社電通は、全国10~70 代の男女計 1,400名を対象に、SDGs に関する「認知・理解」「興味・関心」「SDGs 認知者のプロフィール」「情報接触経路」に ついての現状を把握するため、「SDGs に関する生活者調査」を実施。今年の4月に結果を発表しました。

電通が発表した調査結果は、
1.SDGs の認知度は14.8%。認知度自体はまだ低いものの、SDGsの17の目標テーマを提示した上での共感度の平均は73.1%と高く、理解が進めば今後のアクションにつながって いく可能性がある。
2.SDGsの17の目標テーマの中で、共感を呼ぶテーマ、企業に期待するテーマ、個人的に取り組みたいテーマは異なる。
①「水」「海」のテーマ ⇒ 共感を呼ぶ傾向
②「水」「エネルギー」「海」のテーマ⇒ 企業に期待する傾向
③「健康」「つくる責任、つかう責任」「水」のテーマ ⇒ 個人的に取り組みたい傾向

3.SDGsの認知者は情報感度・年収とも高く、新しい製品などを積極的に生活に取り入れている。といった内容でした。

また、SDGsという言葉を知っている人に聞いた質問では、「SDGsは、今後世界的に重要になってくると思う」と答えた人が33.3%、「SDGsを取り入れている企業には信頼感・好感を持ちやすい」と答えた人が30%、と3人に1人は、企業がSDGsに取り組むことを支持している結果となりました。さらに、個人的に実践していきたい項目を見ても、「責任を持って消費すること」が2位の 35.5%と、消費に対しての主体性が感じ取れます。SDGsを理解すれば「それに貢献する商品やサービスを選びたい」という人が女性に多いことを見ても、これからの時代、女性客から愛される企業になるためには、SDGsを企業戦略にしっかり取り入れていくことが重要です。

f:id:happymk:20180831163232p:plain